ナイトワークの寮のメリットデメリット

キャバゾン総合求人案内のジョブサポーターKEYたんです。

キャバクラなどナイトワークの寮完備というと…

部屋が汚なくてボロそう。。。

手軽だけど入ったら簡単には仕事を辞められなさそう。。。

こうした不安やデメリットを感じている人は少なくありません。
地方在住の方からのお問い合わせでも

「上京して賃貸マンションを借りて、キャバクラで働きたいんですけど…」
と、相談がくるケースもあります。

私としてはナイトワークの寮のメリットを十分に理解しているので、寮の利用を求職者に勧めてみるものの「寮はなんか嫌…」と相談者からネガティブな発言をされる事も。
ナイトワークの寮という存在自体は世間に浸透していますが、どちらかといえばデメリット部分の印象が先行してしまい、肝心のメリット部分が浸透してなさすぎだなと感じます。

だからこそ、このキャバゾン夜報ブログで、ナイトワークの寮に関するメリットとデメリットをはっきりと実態と詳細が分かるように皆さんにご説明していきます。
この記事を見ている方で「すぐにでも住まいを確保して安全な寮に即入寮したい!」と思ってる方、「寮に入ってすぐに働いて日払いが欲しい!」という方は先に東京のナイトワーク寮のご紹介についてを是非ご覧くださいませ。

ナイトワークの寮に入るメリット(成功事例)

まずは寮完備の店に入寮するメリット部分からご説明していきます。

寮は一時的に利用するもの、退寮もできる

ナイトワークの寮への不安

寮って、実際どうなんだろう…?

賢い寮の利用の仕方として、あくまでも「寮」として割り切って考えることです。
つまり、手軽に一時しのぎができる場所です。

よく「一度入ってしまったら出られないんじゃないですか?」という質問も受けますが、ナイトワークの寮はキャストを逃がさないための檻ではありません。
入寮したからといって、ずっとその寮に住み続けなければいけないわけではないので安心して下さい。

例えば、あるキャバクラに入寮、2~3ヶ月アルバイトしながら、ある程度まとまった引っ越し費用をためる。退寮して自分の住みたいエリアや広くてきれいな部屋を借りて住むという選択肢もあります。

寮やお店の居心地や待遇面に満足していて、退寮せずに長く住む女性もいますが、ナイトワークの寮を利用する多くの女性は一時的なもの(一時しのぎ)として寮を利用しています。

また、退寮してもずっとそのキャバクラでバイトし続けなければいけないわけでもありません。退店して昼のお仕事をはじめても良いですし、ワンランク上のキャバクラを目指して移籍してもOKです。かしこく寮を利用すればメリットに感じていただけると思います。

賃貸のように敷金礼金、前家賃などの初期費用ゼロ

ナイトワークの寮のメリットは初期費用いらず

寮は初期費用がかからないからお得♪

賃貸で部屋を借りるとなると、一般的には敷金1~2ヶ月、礼金0~2ヶ月分がかかります。
敷金礼金だけではなく前家賃、鍵交換費用、火災保険代、仲介手数料も必要です。
例えば家賃6万円の賃貸を借りるとしたら、25万~40万円程の初期費用を支払わなければならないということになります。

その点、ナイトワークの寮は賃貸のように必要な敷金礼金、前家賃などの初期費用はゼロ
まとまったお金がなくても入寮出来るのがメリットです。

キャバクラでバイトしたい女性には、金銭的な余裕がない方も少なくないので、そのような場合は賃貸を借りるより、初期費用ゼロでナイトワークの寮を賢く利用する事をおすすめします。
寮費はお給料から天引きされるので、入寮直後も寮費の心配はいりません。

賃貸のように審査がないのはメリット、即入寮できる

手間や時間をかけずナイトワークの寮に入る

スムーズな入寮で手間や時間のロスなし♪

賃貸で部屋を借りる場合、入居審査が必ずあります。
これは物件に住むにあたって、その人がどんな会社に勤めているのか、家賃を支払う能力はあるのか、保証人はどんな人間か、などを不動産屋、物件オーナーが知るためです。
もちろん、審査が通らなければその物件に住むことは出来ません。

入居審査には1週間近くかかってしまう場合もありますし、上京している場合だとその分滞在費もかさんでしまい、時間もお金もかかってしまいがちです。

ナイトワークの寮の場合は賃貸のように審査もないので、面接→体入で採用にさえなれば、当日やまたは翌日からでも即入寮できるのがメリットです。
住まいを決めるまでに時間をかけたくない女性は、この手軽さ、スムーズさがメリットであるナイトワークの寮を利用するのが賢い選択と言えます。

上京後に最短1日で即入寮できるキャバクラがある

キャバクラ寮のメリットは即入寮できること

最短1日で即入寮!

面接、体入で採用されたとして、どのくらいの期間で入寮できるのかを知りたい方は多いかと思いますが、店によって入寮までの流れや費やす時間は違ってきます。

一般的に上京して入寮するまでの流れは以下の通りです。

体入→本採用→本入初日の営業終了後または本入初日の営業時間前に入寮

お店によっては採用が決まってから寮の部屋を探しはじめる事もあります。
その場合「1週間~10日程待って下さい」と言われてしまう、なんていうケースもあります。
そうなってしまうと、その期間は自分で寝泊まりするところを確保しなければいけません。友達や親族の家を使えるならいいのですが、ホテルやネットカフェ等を利用すると滞在費もかさむので金銭面で大変です。

店によって、入寮までの期間が変わってくるので、詳しく知りたい方はキャバゾンまでお問い合わせください。

また、キャバゾンでは、上京後に最短で1日で即入寮できるキャバクラも紹介しています。
この店の場合、体入して採用が決まればその翌日の15~16時くらいにスタッフが寮に案内してくれてそのまま鍵をもらえます。その日の夕方からアルバイトができる、というとてもスムーズな流れでの入寮でメリットを感じられるかと思います。
こちらの店の詳細が気になる方、入寮までに時間をかけたくないという方もお気軽にご相談ください。

所持金2、3万円でも即日働いて日払い毎日貰える

キャバクラ寮に住みながら日払いでお給料をもらう

日払いでお給料がもらえるから安心

「所持金が2~3万円でも上京して入寮できますか?」

上京希望者からこうしたお問い合わせや相談もありますが、所持金2~3万円でも、面接を受けた店で採用が決まりさえすれば基本問題ありません。

体入ができればその日の給料は全額日払いでもらえますし、キャバクラは本入後にも給料の日払い制度があります。これはナイトワークのメリットですよね。

寮完備のキャバクラに即日採用してもらって入寮もできれば、当面かかるお金としては生活費(主に食費)くらいです。生活費くらいであれば、日払いのお給料の中でやりくりしていけるので大丈夫です。
同伴やアフターでお客さんから食事を奢ってもらってしばらくの間の食費をやりくりする上手な女性もいます。

お金を持っていない事で行動を中々うつせないという方もいるかもしれませんが、採用にさえなれば所持金が少なくても困る事はありません。
ただし、採用までに時間がかかってしまうとそれだけ滞在費もかかってしまいます。だからこそ、最短で採用されるためにも私達キャバゾンのような紹介業者を頼ってもらえればと思います。

面接体入交通費を出してくれるキャバクラもある

交通費を出してくれる事はキャバクラのメリット

面接、体入するための交通費がお店負担になる事も。

上京して東京のキャバクラで面接を受ける場合、ランクの高い高級店ならば往復の新幹線や飛行機代等の交通費を負担してくれる、こんなメリットがある事も。
ただし全ての高級店がそういうわけではなく、基本的には交通費を出してくれるお店は希少だと思ってください。

また、面接体入を受ける女性全員に対してお店が交通費を負担してくれるわけではありません。

  • 地方のキャバクラで活躍している女性
  • 東京のキャバクラでも十分通用する女性(容姿、能力)
  • 若い内に上京してキャバ嬢としての可能性を広げ、東京という環境で勝負したい女性

こうした仕事への意識が高く、容姿レベルの高い女性を受け入れたいと考えている東京都内のキャバクラは多いです。
ナイトワーク経験者だけではなく、全くの未経験でもこうしたチャンスはあります。

面接体入をするためにかかる交通費を負担してもらうには、お店側が事前にどういう人柄、容姿なのかを知るために電話やビデオ通話での確認があります。
このやり取りで面接へ来てほしいという事になれば、お店が交通費を負担してくれる流れです。

「この女性にウチの店でぜひ働いてほしいな」と思える人材に対しては、お互いのメリットのためにお店側も手厚い待遇をします。

交通費を負担してくれるメリット以外にも、他店からの移籍となる場合は支度金を用意してくれるケースもあります。
この支度金、金額は高ければ150~200万円程用意してくれる事も現実的にあります。
なぜお店はこの支度金を用意してくれるのかというと、売上を作れるレベルの高いキャバ嬢は、上京してもその店の寮に入る必要がありません。賃貸で部屋を借りて住みたいという方がほとんどですので、そうした部屋を借りるため等のお金として支度金があるんです。

キャバゾンでは東京都内のキャバクラ紹介以外にも、ナイトワークで審査に通りやすい不動産業者もご紹介しています。地方のお店から移籍して東京のレベルの高い高級店でアルバイトしたいという方は不動産屋のご紹介も承ることが可能です(都内の各エリアの特色や家賃相場、おすすめ物件をお伝えします)。

未経験者でも初月から月収50万円以上稼ぐ女性は多い

未経験でもキャバクラで稼げる

未経験でも稼げる環境のお店を選べば大丈夫!

上京希望者の中には「時給はなんとなくわかったけど、月にどのぐらいもらえるのか」を気にされている女性が多くいらっしゃいます。

東京都内は地方に比べて家賃も高いし、もらえるお給料の中でやりくりしていけるのかと不安に感じてしまうかもしれませんね。
東京都内の寮費は相場が8~14万円程となります。
なぜ金額にこのような差があるのかというと、寮といっても都心の人気エリアは高くなるからです(賃貸でも人気エリアは家賃が高いです)。
でも、月収が高ければ余裕でこの寮費も支払えるので問題ありません。

地方のキャバクラでは時給1,800~3,000円の間でアルバイトしている女性が多いのですが、東京都内のキャバクラがなぜ高時給なのかというと、お客さんの単価が高いからです。キャストに対して高時給を還元できます。
ナイトワークが完全に未経験という女性でも初月から50万円以上稼ぐことは珍しくありません。以前、私が紹介した女性は未経験者で初月から80万円稼いでいました(入寮、入店した先の店は高級店です)。
その他にも、入寮して3ヶ月でお給料が3桁(つまり100万円以上)、1年で月収200万を越える女性も見てきました。そのクラスになるとナンバーに入れます。

実力で勝負してその結果が高時給として還元されるのがナイトワークのメリットです。

ただ、東京のキャバクラならどんな店でも初月から50万円も稼げるのか?といえば、それは違います。
働きたいお店が見付かっても、まず採用されなければ話になりません。
また、高時給で人気のあるお店に本入店できても、競合する女性が多いと指名獲得に苦しんだあげく、お給料が下がる可能性もあります…。
結果を出せずに出勤調整がかかったり、最悪クビになったりしてしまう事だってあります。

未経験者でも初月から稼ぐには、とにかくお店選びが大事です。
「自分が活躍できる店」に本入店する事が第一なのです。

店選びさえ失敗しなければ入寮することはメリット大

メリットの多いナイトワークの寮

メリット大♪ナイトワークの寮に入寮♪

  • 寮は一時的なもので、退寮したければ退寮はすぐできる
  • 初期費用ゼロ、手持ちのお金なくてもOK
  • 審査がなく採用になりさえすれば即入寮できる
  • 採用になれば最短1日で即入寮できる
  • 所持金が少なくてもすぐに働けてお給料が日払いで毎日貰える
  • 面接体入するためにかかる交通費を出してくれる
  • ナイトワーク未経験でも初月から月収50万円以上稼げる

ナイトワークの寮にはこのようなメリットがある事がわかっていただけたかと思います。

ネット上には「寮は利用しない方がいい」「寮は良くない」というようなネガティブな情報も多く見かけますが、お店選びさえ間違えなければこのようにメリットはたくさんあります。

ただし、ここで気を付けなければいけないのは「店選びだけは失敗しないこと」です。

  • 求人情報だけではよくわからない
  • なんとなく面接や体入に行ったけど実際は求人情報とは全然違う
  • 入店したキャバクラがノルマが厳しかったり、客層が悪かったり、待遇や労働環境が悪かくて働き続ける事が困難

このように感じていたり、憶測だけで行って後悔したりしている女性は多いです。

だからこそ、そんな後悔がないようにキャバゾンがサポートいたします。
キャバゾンには毎月6.7人、多い時には20人ほど上京希望、寮完備のキャバクラを探している女性を対応しており、こうしたサポートを10年以上続けています。

私、KEYたんをはじめ、各エリアの担当者には実際にアルバイトしている女性から、お店の評価や悪質店の情報などのリアルな口コミ情報が届きます。
定着率の高い働きやすいお店、逆に定着率が低く働きにくかったり、何らかのトラブルがあるお店の情報も届きます。
現場で実際に働いている女性からの情報でキャバゾンのナイトワーク紹介は成り立ち、求職者の皆さんに確かな情報をお届けできています。
東京都内の各エリアのキャバクラの情報が毎日ジョブサポーターへ入ってくるので、それをもとに店探しをするのが失敗しない一番の近道だと思います。
私達は、女性一人一人に見合った環境の店選びを大切にしています。

ナイトワーク寮完備のご紹介ならキャバゾン

ナイトワークの寮に入るデメリット(失敗事例)

ナイトワークの寮に入って失敗

ヤバイ…寮に入ったけど失敗したぁああぁ

ここでは、寮付きのキャバクラを希望していた方々の失敗事例や、ナイトワークの寮のデメリットを紹介していきます。
キャバクラのアルバイトが未経験だったり、早く入寮してバイトをはじめたいがゆえに、焦って適当なお店に本入店してしまい、後悔するケースもあるので知っておきましょう。

実際面接行ったら「寮部屋が埋まった」と言われる

ナイトワークの寮のデメリットを知る

えっ?昨日まで部屋空いてるって言ってませんでしたぁ?

「寮完備」という求人募集の記載を信じていざ面接へ行ったけれど「寮の部屋が埋まってしまって他にないんです」と面接官に言われてしまうパターン、これがけっこうあります。

実際のところ、東京都内で寮完備のキャバクラの数はそう多くはありません。
だからこそ、タッチの差で部屋が埋まってしまう事も多々あります。

本当に寮完備しているならともかく、中には「寮完備」自体がウソで所持をしていないという事も。
これは「寮完備」と求人募集に記載した方が、より多くの女性からその店へ応募がくるからです(応募者からすると本当に不親切です)。

一人で店探しをする場合、実際に面接へ行ってみないと寮が空いているのか、完備されているのかがわからないというのは非常にデメリットです。応募のメールや、電話の段階では「寮あります」と、とりあえず店は適当なことを言ってくることが多いので要注意です。

寮費が異常に高い店がある

夜の仕事の寮で寮費が高いデメリット

高い寮費をぼったくられる危険性!

エリアの相場家賃より、異常に高い寮費をキャストからぼったくっている不良店が残念ながら存在しているのもデメリットのひとつです。
つまり、お店側が女性から高い寮費を取ってそれも儲けにしたいということです。

例えば過去の事例では…

寮費が1日5,000円(30日で15万円)と言われたものの、早めに住まいも決めたかったので焦って入寮を決めてしまった女性。
東京都内でも15万円の家賃を払ったら、グレードの良いマンションに住めますが、特にその場所も人気エリアというわけでもなく、特別良いマンションというわけでもなかったそうです。

その女性が寮費が異常に高いということに気が付いたのは、退寮して自分で部屋を借りようと、そのエリアの家賃相場を色々調べ始めてからでした。

「今入寮しているキャバクラの寮費が高いので、お店をすぐ替えたくて…」と、その女性からの相談を当サイトキャバゾンは実際に受けましたし、その類いの相談はよくあります。

ナイトワークの世界では、寮費を上乗せし、ぼったくっているような残念なケースが少なくありません。
こうした不良店があるというデメリットも知っておいてくださいね。

寮の部屋がボロ過ぎる、しかも共同部屋だった

夜の仕事のデメリット、共同部屋

え~?こんな人と共同部屋なんて絶対イヤ!

地方から上京してホテルに滞在しながら、キャバクラを探している人にありがちな失敗例をお話します。
面接体入して採用が決まった後に、寮の部屋をチェックしないで急いで本入店を決めてしまうケースです。

実際に寮へ案内されてビックリ…木造の超ボロいアパートだった…。さらに中に入ってみて、内装のボロさやセキュリティ面も最悪。本入店を辞退したいけど話が進みすぎて簡単には辞退が出来ないケースに陥ることもあります。

あらかじめ、どんな雰囲気の寮なのかがわかっていればこんな事にはならなかったはずですね。

また他のケースとして、寮完備のキャバクラが見付かり無事に入寮が決まったものの、1人1部屋の寮が与えられると思っていたのに、ワンルームに2〜3人だった、なんて事も。

いきなり全く知らない女性との共同生活がはじまり、プライベートもなくなって、ストレスがかなりたまってしまうのは目に見えています。
さらに盗難にあうリスクもあります。こういったデメリット部分を回避するためにも事前に入念な店舗のリサーチが必要です。

ペット可な寮はどこもない

キャバクラ寮デメリットはペット不可

キャバクラの寮はペットと一緒に住める?

寮に住みたいという方から「ペットと一緒に住めますか?」というお問い合わせは多いのですが、残念ながらペット可の寮はどこにもないのが現実です。
これはキャバクラ寮のデメリットです。

なぜペット不可なのかというと、ペットと一緒に住むことによって部屋が汚れたり破損してしまったりした時に、修繕費がかかるからです。そうした修繕費というのは一般的な賃貸では、敷金でまかなうのですが、そもそもキャバクラの寮では敷金はとっていません。
また、お店が不動産業者から借りている物件自体がペット可の物件でもありません。だから、ペットと住んでいる事がバレると、お店側と不動産業者との間で契約違反となりトラブルになります(結論すぐに追い出されます)。

ペットと一緒に住みたい、上京したいという方はキャバクラの寮は諦めて、ペット可の賃貸物件を借りるしかありません。
最初はペットを預けて上京してキャバクラの寮に入り、お金を貯めた上でペット可の賃貸物件を借り一緒に住むことを考えるのが一番現実的です。

託児所完備のキャバクラの寮はない

託児所完備のキャバクラはない

託児所完備のキャバクラを探しているけれど…

「託児所を完備しているキャバクラの寮はありますか?」シングルマザーの女性からこうしたお問い合わせもいただきます。

こちらも残念ながら託児所を完備しているキャバクラはありません。
また、お子さんと一緒にキャバクラの寮にも住むことは基本できません。稀にお子さんと同居できる寮もありますが、これはかなり少ないです。というかほぼ存在しませんが、都内に1、2件ならお子さんと同居可能な寮完備キャバクラはありますのでご紹介は可能になります。

賃貸を借りて、託児所を利用するのであれば、夜間営業もしている託児所に預けるしかありません。託児代はお子さんの年齢にもよりますが、大体1時間1,000円程が平均的、そこに夕食代、休日料金、深夜料金がかかってきます。月極での契約でも託児代として10万円くらいは考えておかなければいけません。

お子さんと寮に一緒に住むことができない、託児所完備したキャバクラはないのはデメリットですが、初めのうちはお子さんを親御さんに預けて上京し、お金を貯めて同居できる賃貸物件を探す事をおすすめします。

彼氏と同居し同棲できるキャバクラの寮はない

彼氏と入寮できるキャバクラ寮はない

彼氏と一緒に上京して入寮できる?

「彼氏と一緒に上京してキャバクラの寮に住みたい」
こうしたお問い合わせもよくあります。

こちらも残念ながらキャバクラの寮には彼氏と一緒に住むことはできません。これもデメリットですね。
賃貸物件の契約上で入居は1人までとなっていて、2人入居は契約違反となります。

契約違反以外にも彼氏と同棲できない理由があって、まず彼氏と一緒に部屋に入っていくところをたまたまお客さんに見られてしまうとアウトです。
お客さんは「彼氏いるのかよ」「ウソついていたのか」と騙されたと感じてお店から離れていってしまいます。

それだけではなく、女性側がキャバクラ等のナイトワークをし出すと、彼氏が嫉妬心を抱くなどしてトラブルに発展する事も非常に多いです。お客さんとのメール、同伴やアフターを嫌がり、徐々に二人の関係もうまくいかない傾向が強いです。女性側もキャバクラに来るお金を持った大人の男性に慣れてしまうと、男性に対する価値観も変わり彼氏に対して冷めてしまうケースも少なくありません。
彼氏と一緒に上京し、女性がキャバクラでアルバイトしたというカップルを私自身も何十組と見てきましたが、結論9割以上は別れてしまっています。

彼氏と一緒に上京してうまく付き合っていきたいのであれば、自立した環境でお互いやっていくべきです。

悪徳な店の寮に入ったら中々辞めさせてもらえない

ナイトワーク、寮のデメリット

どうしよう…辞めたいのに辞められない…

スムーズに入寮が出来たものの、実はその店が悪徳な店だった…というケースもあります。
待遇や労働環境が合わなかったり、ノルマの厳しさに疑問を感じて退店、退寮をお店側に告げたものの、

  • 「辞めるなら給料払わない」
  • 「個人の目標売上を達成できるまで辞めさせない」
  • 「退寮するならクリーニング代として20万円払って」

と脅してくるナイトワークの店も存在しています。

上記のようなことが理由で「中々辞めさせてもらえない…」「辞められない…」と、当サイトに相談がくることも珍しくありません(ここまでくるとデメリットが過ぎますが現実的に起こっています。。)。

入寮したいが全ての店で不採用、田舎に逆戻り

不採用続きでナイトワークの寮に入れないデメリット

全部不採用…せっかく上京したのに…最悪!

東京都内のキャバクラはお店やエリアによっては、女の子の採用基準が非常に高いところも存在しています。

  • まず面接で採用にならず、体入にすらたどりつけない
  • 実際に体入までしてみたけれど、本入店、本採用されなかった
  • 求人募集で掲載されていた時給よりも、だいぶ低い時給なので採用されたけど自ら辞退

こうした事が理由で、全ての店で不採用、または、店と自分の条件が合わずして、泣く泣く田舎に帰ってしまうという話もよくあります。
憧れだけで東京に来たものの、こうしたシビアな現実に「すぐ入寮出来てバイトできると思ってたのに…」「思っていたのと違った…」と嘆いて東京を後にしてしまう女性は少なくありません。

まとめ

キャバクラ寮を利用するメリットとデメリット

キャバクラ寮のメリット、デメリット

ナイトワークの寮のメリット、デメリットはこのような感じになりますが、いかがでしたか?

キャバクラの寮に関してネット上で検索すると、ネガティブな寮の情報が目立つような気がします。一部分だけの情報を切り取って悪い印象を与えているというか。。あまり都内の寮事情に詳しくない方が情報を発信しているように見受けられます。

もちろん、上述してきたようにデメリットがあるのも事実です。お子さんやペット、彼氏と一緒に寮には住めません。
ただ、「お店選びを失敗しない」これさえできれば、寮費が高い、部屋がボロボロ、辞めさせてもらえない…こうした悪徳店の寮のデメリット部分は全て避けられます。これから東京のキャバクラに入寮したいという方は失敗しないためにも、都内各エリアでたくさんの紹介実績があるキャバゾンにお気軽にご相談ください。

金銭的な問題を抱えていれば、即入寮したい気持ちはわかりますが、寮と店選びで失敗しないためには、寮についての知識や、リアルタイムでの寮部屋の空きの有無、東京都内のキャバクラの採用基準、現地の情報通な人たちからの口コミを面接、体入に行く前に知っておくことが大事です。

キャバゾンには東京都内のキャバクラ、クラブ、ラウンジの求人情報に精通したジョブサポーターがいるからこそ、各エリアの寮の情報、店の実態情報がリアルタイムで把握出来ます。
時間やお金、労力をかけずに、スムーズに入寮できるお手伝いを、迅速に真摯に対応しています。
キャバゾンのジョブサポーターはスカウトマンではないのでご安心ください。求職者の女性の意見が第一になるので、気に入っていない、興味がないお店へ面接や体入に行かせるという事は絶対にありません。

キャバゾンを通じて最短で即入寮ができれば

  • 寮は一時的に利用してお金を貯める
  • 寮に住むための初期費用がかからず審査がない
  • 所持金が少なくても日払いでお給料がもらえるので問題なし
  • 面接体入にかかる交通費を出してもらえる
  • 未経験でも最初から月収50万円以上稼ぐ

こうしたキャバクラの寮を利用するメリットを十分に感じていただけるはずです。

また、キャバゾンでは、ナイトワークの女性でも借りられる不動産業者との提携もしています。キャバクラの寮ではなく上京して賃貸物件を借りたいと考えている方は店探しとセットでご相談ください。

即日で面接体入をしたい方も是非以下の窓口までお気軽にお問い合わせください。

ナイトワーク寮完備のご紹介ならキャバゾン

ジョブサポーターに相談する

お電話が繋がりにくい場合はLINEメールが確実です!